8月24日まで限定 新シーズン開幕記念「12ヵ月チケット10%早割」

2014年1月25日
クラウディオ・アバド追悼演奏会、指揮はメータ

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ズービン・メータ

ルドルフ・ブッフビンダー

  • グスタフ・マーラー
    交響曲第5番より第4楽章アダージェット (12分)

  • アントン・ウェーベルン
    管弦楽のための6つの小品 op. 6b(1928年版) (14分)

  • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
    ピアノ協奏曲第5番変ホ長調《皇帝》 (41分)

    ルドルフ・ブッフビンダーピアノ

  • リヒャルト・シュトラウス
    《英雄の生涯》 (53分)

  • 無料映像

    インタビュー/ズービン・メータ(聞き手:マルティン・シュテーグナー) (11分)

2014年1月20日に、クラウディオ・アバドが80歳で亡くなりました。ベルリン・フィルは、前首席指揮者の彼に、深い哀悼の意を表します。1月23~25日の演奏会は、彼を追悼する演奏会として行われることになりました。指揮は、アバドと40年以上にわたって友人関係にあったズービン・メータが行います。予定されていた演奏曲目に加えて、コンサートの冒頭には、マーラーの交響曲第5番より第4楽章アダージェットが演奏されました。

アバドはマーラー指揮者として、ベルリン・フィルでも数々の名演奏を繰り広げ、オーケストラのマーラー解釈に多大な影響を及ぼしました。今回の選曲は、それを祈念するものとなります。アバドは新ウィーン楽派の解釈でも知られ、ウェーベルンの管弦楽のための6つの小品も、ベルリン時代に数回にわたって指揮しています。その透明で繊細な音調は、アバドの音楽性に強い親近性を持っていると言えるでしょう。なおこの作品は、ウェーベルン自身の母の死を契機に書かれたもので、4曲目は葬送行進曲として作曲されています。

ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番は、《皇帝》のニックネームで知られる通り、ヒロイックな性格を示しています。それはR・シュトラウスの《英雄の生涯》でも同様ですが、アバドはそうした華麗で色彩感に溢れた演奏も得意としていました。しかし彼の演奏では、同時に人間味に溢れた叙情性も、決して失われることはなかったのです。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する