ダニエル・ハーディング(聞き手:フィリップ・ボーネン)

パイロットを副業とするダニエル・ハーディングは、印象的な日の出を数多く体験してきたと言います。リヒャルト・シュトラウスが交響詩《ツァラトゥストラはこう語った》の冒頭で描く日の出は、そんな彼の心を捉えてやみません。この交響詩の哲学的な内容について語るハーディング、そのインタビューの聞き手をベルリン・フィルのヴァイオリン奏者、フィリップ・ボーネンが務めました。

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー