インタビュー
2010年6月10日

サー・サイモン・ラトル ウィントン・マルサリス(聞き手:キャサリン・ミルケン) (18分)

ウィントン・マルサリス率いるジャズ・アット・リンカーン・センター・オーケストラがラトル&ベルリン・フィルと共演します。彼の《スウィング・シンフォニー》は、ジャズとクラシックを融合する興味深い試みとなっています。前半は、ラトル&ベルリン・フィルによるストラヴィンスキーのバレエ音楽《ペトルーシュカ》です。インタビューでは、ベルリン・フィルの教育プログラムを担当するキャサリン・ミルケンが聞き手を務めています。

コンサート