テオドール・クルレンツィス(聞き手:サラ・ウィリス)

テオドール・クルレンツィスがついにベルリン・フィルにデビューを果たしました。演目はヴェルディのレクイエム。このオペラ的なまでにドラマティックなレクイエムからクルレンツィスはどのような音楽を引き出したでしょうか。自らが創設し、芸術監督を務めるムジカエテルナ合唱団が共演します。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのホルン奏者、サラ・ウィリスです。

© 2019 Berlin Phil Media GmbH

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー