マクシム・エメリャニチェフとサビーヌ・ドゥヴィエル(聞き手:フリーデリケ・ヴェスターハウス)

ソプラノ歌手のサビーヌ・ドゥヴィエルはその歌曲をつうじてモーツァルトを知り、指揮者のマキシム・エメリヤンチェフは少年合唱団で歌った時にモーツァルトというニックネームをつけられていたといいます。彼らが両者のベルリン・フィルデビューとなった今回のオール・モーツァルト・プログラムについて語りました。聞き手を務めたのは、音楽ジャーナリストのフリーデリケ・ヴェスターハウスです。

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー