エメリャニチェフとドゥヴィエルによるオール・モーツァルト・プログラム

幼少の頃、時として自身をモーツァルトと呼ぶこともあったほど、モーツァルトの音楽を身近に感じていた指揮のマキシム・エメリャニチェフ。モーツァルトに対するその熱意は今も続いています。最も注目すべき若手指揮者の一人と称される彼は、オール・モーツァルト・プログラムで今回のベルリン・フィル・デビューを飾ります。同じくベルリン・フィルとの初共演となる独唱のサビーヌ・ドゥヴィエルは、持ち前の輝かしいソプラノでモーツァルトのアリアを歌い上げます。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

マクシム・エメリャニチェフ

サビーヌ・ドゥヴィエル

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー