ブラームス名作選 I:交響曲、協奏曲、「ドイツ・レクイエム」

キリル・ペトレンコは、ブラームスの作品解釈に集中的に取り組む幕開けとして、2020/21年シーズンの開幕演奏会でブラームスの交響曲第4番を指揮しました。ブラームス自身、指揮者、ピアニストとしてベルリン・フィルのコンサートに何度か出演しており、彼の作品は19世紀末から当団の中心的なレパートリーの一部となっています。このプレイリストでは、4つの交響曲、協奏曲、「ドイツ・レクイエム」をベルリン・フィルの録音でご紹介しています。キリル・ペトレンコ、ベルナルド・ハイティンク、ヘルベルト・ブロムシュテットらの指揮でお聴きください。

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー