2000年のヴァルトビューネはナガノ指揮の「リズム・アンド・ダンス」

2000年6月25日
ヴァルトビューネ・コンサート2000

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ケント・ナガノ

児玉桃, 児玉麻里, 林英哲, スーザン・グレアム

  • レナード・バーンスタイン
    《キャンディード》序曲 (5分)

  • ジャン・パスカル・バンテュ
    《ヒー・ガット・リズム》 (8分)

    児玉桃ピアノ), 児玉麻里ピアノ

  • モーリス・ラヴェル
    《ラ・ヴァルス》 (13分)

  • 松下功
    和太鼓協奏曲《飛天遊》 (17分)

    林英哲和太鼓

  • 林英哲
    《宴》 (5分)

  • チャオ・チーピン
    組曲《さらば、わが愛(覇王別姫)》 (17分)

  • モーリス・ラヴェル
    《ダフニスとクロエ》第2組曲 (16分)

  • ジョージ・ガーシュウィン
    《魅惑のリズム》 (3分)

    スーザン・グレアムメゾソプラノ

  • ジョージ・ガーシュウィン
    《私の愛する人》 (4分)

    スーザン・グレアムメゾソプラノ

  • ジョージ・ガーシュウィン
    《うまくやれたら》 (2分)

    スーザン・グレアムメゾソプラノ

  • ジョージ・ガーシュウィン
    《サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴァー・ミー》 (4分)

    スーザン・グレアムメゾソプラノ

  • ジョージ・ガーシュウィン
    《サマー・タイム》 (6分)

    スーザン・グレアムメゾソプラノ

  • レナード・バーンスタイン
    《オン・ザ・タウン》より3つのダンス・エピソード (10分)

  • ジョージ・ガーシュウィン
    《アイ・ガット・リズム》 (5分)

    スーザン・グレアムメゾソプラノ

  • パウル・リンケ
    《ベルリンの風》 (4分)

2000年のヴァルトビューネ・コンサートは、ケント・ナガノの指揮。和太鼓の林英哲がソロに招かれ、松下功の《飛天遊》を演奏しています。児玉麻里&桃もピアノ・デュオで参加するほか、後半はガーシュウィンのソングをスーザン・グレアムが熱唱。チャオ・チーピン《さらば、わが愛(覇王別姫)》組曲、バーンスタイン《キャンディード》序曲等、「リズム・アンド・ダンス」のタイトルのもとに、アメリカとアジアの作品が集められています。

EuroArts

© 2000 EuroArts Music International

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する