コンサート

コンサート解説

2007年のジルベスター・コンサートのテーマはロシア音楽。サー・サイモン・ラトル指揮のベルリン・フィルが、ボロディンとムソルグスキーの管弦楽作品を演奏します。1860年代、ボロディンとムソルグスキーは、ロシアの民族主義的な芸術音楽の創造を志向する「ロシア5人組」を形成していました。前半は、ボロディンの未完に終わった歌劇《イーゴリ公》より〈だったん人の踊り〉と交響曲第2番という彼の代表作が演奏されます。前者はエキゾチックなメロディーと高揚感にあふれ、後者ではロシア風の勇壮さとメルヘンチックな叙情が全体を印象づけています。メインの演目は、ムソルグスキー作曲の《展覧会の絵》。ラヴェル編曲による華麗な音絵巻をラトル指揮のベルリン・フィルがどのように演奏するか聴きものです。ラトルが「狂気じみた音楽」と語るアンコールのバレエ音楽《黄金時代》より舞曲(ショスタコーヴィチ作曲)で、聴衆の熱狂は頂点に達します。

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー