ラトル指揮トリフォノフ独奏のジルベスター・コンサート2016

2016年12月31日
ジルベスター・コンサート2016

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル

ダニール・トリフォノフ

  • ディミトリ・カバレフスキー
    《コラ・ブルニョン》序曲 (5分)

  • セルゲイ・ラフマニノフ
    ピアノ協奏曲第3番ニ短調 (54分)

    ダニール・トリフォノフピアノ

  • ウィリアム・ウォルトン
    《ファサード》より管弦楽作品(サー・サイモン・ラトルの編曲による組曲形式) (11分)

  • アントニン・ドヴォルザーク
    スラブ舞曲 op. 72より抜粋 (10分)

  • ディミトリ・カバレフスキー
    組曲《道化師》より〈道化師のギャロップ〉 (2分)

  • ヨハネス・ブラームス
    ハンガリー舞曲第1番ト短調 (6分)

  • 無料映像

    サー・サイモン・ラトルによる楽曲解説 (2分)

  • 無料映像

    インタビュー/ダニール・トリフォノフ(聞き手:サラ・ウィリス) (13分)

【この演奏会は、契約の都合により日本国内ではご視聴いただけません】2016年のジルベスター・コンサートの話題は、ダニール・トリフォノフのベルリン・フィル・デビューでしょう。彼は、2011年のチャイコフスキー国際コンクール優勝以来、若い世代の最も有望なピアニストのひとりとして、聴衆と批評家の熱い支持を集めています。とりわけ今回は、ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番という、「技術的に最も難しいピアノ・コンチェルト」が取り上げられます。トリフォノフの超絶技巧と優れた音楽性が存分に発揮されています。

プログラムは、カバレフスキーの《コラ・ブルニョン》序曲、ウォルトンの《ファサード》というサー・サイモン・ラトルならではのひとひねりした選曲が目を引きます。ジルベスター・コンサートではダンス音楽が常に横糸として織り込まれていますが、ここではお終いにドヴォルザークのスラヴ舞曲が演奏されます。

EuroArts

© 2016 EuroArts Music International

 

 

Daniil Trifonov



Daniil Trifonov: the new album
Read more

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する