ジルベスター・コンサート2008にクヴァストホフとマレファンヌが登場

2008年12月31日
ジルベスター・コンサート2008

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル

パウリーネ・マレファーネ, トーマス・クヴァストホフ

  • ジョージ・ガーシュウィン
    キューバ序曲 (11分)

  • サミュエル・バーバー
    弦楽のためのアダージョ (10分)

  • アーロン・コープランド
    アメリカの古い歌 (13分)

    トーマス・クヴァストホフ

  • ジョン・アダムズ
    《高速機械で早乗り》 (5分)

  • ジョージ・ガーシュウィン
    《ポーギーとベス》より〈サマータイム〉〈ベス、お前は俺のもの〉 (10分)

    パウリーネ・マレファーネソプラノ), トーマス・クヴァストホフバス・バリトン

  • ジョージ・ガーシュウィン
    《パリのアメリカ人》 (19分)

  • ジェローム・カーン
    《ショウ・ボート》より〈オールマン・リバー〉 (5分)

    トーマス・クヴァストホフ

  • ジョン・フィリップ・スーザ
    《自由の鐘》 (4分)

2008年のジルベスター・コンサートは、サー・サイモン・ラトル指揮によりオール・アメリカ・プログラムが組まれました。ベルリンの地元紙がこのコンサートで「世界最高のビッグバンド」と評したベルリン・フィルを前に、ラトルはガーシュウィン、バーバー、コープランド、アダムズの作品を指揮。さらに、バス・バリトンのトーマス・クヴァストホフと南アフリカ出身のソプラノ、ポリーヌ・マレファンヌが、ガーシュウィンの《ポーギーとベス》などから名ナンバーを歌い、大晦日にふさわしい華やかな彩りを加えています。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する