グルベルグ=イェンセンがグバイドゥーリナとシベリウスを指揮

2010年10月9日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
アイヴィン・グルベルグ=イェンセン

ヴァディム・レーピン

  • ソフィア・グバイドゥーリナ
    ヴァイオリン協奏曲《オッフェルトリウム》 (39分)

    ヴァディム・レーピンヴァイオリン

  • ジャン・シベリウス
    交響曲第1番ホ短調 (43分)

  • 無料映像

    アイヴィン・グルベルグ=イェンセン&ヴァディム・レーピン(聞き手:サラ・ウィリス) (16分)

ノルウェーの指揮者、アイヴィン・グルベルグ=イェンセンが客演したこの公演では、スカンジナビアの色彩とチャイコフスキーを思わせる表現力が融合したシベリウスの交響曲第1番がメインプログラムです。前半では、ヴァディム・レーピンをソリストに迎えてグバイドゥーリナのヴァイオリン協奏曲《オッフェルトリウム》が演奏されました。こちらはバッハの《音楽の捧げもの》から啓発を受けて書かれた作品です。

映像を観る

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

首席指揮者キリル・ペトレンコのプレイリストを公開中!ベートーヴェン「交響曲第7番」、チャイコフスキー《悲愴》等の全曲が無料でご覧いただけます。

無料で視聴する