グルベルグ=イェンセンがグバイドゥーリナとシベリウスを指揮

ノルウェーの指揮者、アイヴィン・グルベルグ=イェンセンが客演したこの公演では、スカンジナビアの色彩とチャイコフスキーを思わせる表現力が融合したシベリウスの交響曲第1番がメインプログラムです。前半では、ヴァディム・レーピンをソリストに迎えてグバイドゥーリナのヴァイオリン協奏曲《オッフェルトリウム》が演奏されました。こちらはバッハの《音楽の捧げもの》から啓発を受けて書かれた作品です。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

アイヴィン・グルベルグ=イェンセン

ヴァディム・レーピン

© 2010 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金 クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー