インタビュー
2010年10月9日

アイヴィン・グルベルグ=イェンセン&ヴァディム・レーピン(聞き手:サラ・ウィリス) (16分)

ノルウェーの指揮者、アイヴィン・グルベルグ=イェンセンが客演したこの公演では、スカンジナビアの色彩とチャイコフスキーを思わせる表現力が融合したシベリウスの交響曲第1番がメインプログラムです。前半では、ヴァディム・レーピンをソリストに迎えてグバイドゥーリナのヴァイオリン協奏曲《オッフェルトリウム》が演奏されました。こちらはバッハの《音楽の捧げもの》から啓発を受けて書かれた作品です。インタビューでは、ベルリン・フィルのホルン奏者、サラ・ウィリスが聞き手を務めています。

コンサート