バッハの《ヨハネ受難曲》がラトルの指揮、セラーズの演出により上演!

2014年3月1日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル

  • ヨハン・セバスティアン・バッハ
    《ヨハネ受難曲》 (135分)

    カミッラ・ティリングソプラノ), マグダレーナ・コジェナーメゾソプラノ), マーク・パドモアテノール(福音史家)), トピ・レティプーテノール(アリア)), ロデリック・ウィリアムズバリトン(イエス)), クリスティアン・ゲルハーヘルバリトン(ピラト、ペテロ)), ベルリン放送合唱団, サイモン・ハルシー合唱指揮), ピーター・セラーズ演出

  • 無料映像

    サー・サイモン・ラトル、ピーター・セラーズ(聞き手:アンディ・キング=ダブス) (32分)

レチタティーヴォ、アリア、コラールによって構成されるバッハの受難曲は、劇作品の核となる構成要素を持っています。実際、これらの作品はバッハの同時代の人々にとっても、非常にオペラ的と受け取られていました。例えば、1732年、ザクセン王国の牧師だったクリスティアン・ゲルバーの報告書にはこう書かれています。「この劇音楽が始まると、周りの聴衆は狼狽し、互いを見て『一体どういうことになるのだ?』と言い合っていた。ある貴族の未亡人は『まるで喜歌劇のようね』と言った」

イエス、ペテロ、ピラト、イエスの弟子、民衆らによって展開する受難の物語は非常にドラマチックで、聴き手にさまざまな想像をかき立てます。すでに1921年、フェルッチョ・ブゾーニは、2つに分けられた舞台上で演じられる、「マタイ受難曲」の舞台上演を構想していました。 

2010年にピーター・セラーズの演出によってザルツブルク・イースター音楽祭とベルリン・フィルハーモニーで上演された「マタイ受難曲」は大反響を呼び、DVD化もされました。今回、セラーズ演出による第2弾として「ヨハネ受難曲」がフィルハーモニーの舞台で上演されました(日本語字幕付き)。「これは演劇ではありません。祈りであり、瞑想なのです」とセラーズは語ります。サー・サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルとベルリン放送合唱団による演奏。ソリストは、バリトンのロデリック・ウィリアムズを除き、「マタイ受難曲」と同じ顔ぶれでお届けします。  

St John Passion

On CD & Blu-ray: Bach’s St John Passion
with Simon Rattle and Peter Sellars
Order now

 

 

 

 

 

EMIChristian Gerhaher appears by courtesy of Sony Classical.

 

 

 

Unitel ClassicaA coproduction of Berlin Phil Media and Unitel

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する