ラトルが《ペトルーシュカ》とラフマニノフ「第3」を指揮

当演奏会では、ストラヴィンスキーの《ペトルーシュカ》とラフマニノフの交響曲第3番という、まったく異なったロシア作品が対置されています。技巧姓が高く、作曲技能の粋を尽くした前者に対し、後者では深く濃密な響き大きな役割を担っています。その間に入るのは、韓国の作曲家ウンスク・チンの新作《コロス・コルドン》の初演。こちらは音響的にはよりストラヴィンスキーに近い性格を示しています。なおこのプログラムは、2017年11月の日本公演でも演奏されました。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

サー・サイモン・ラトル

コンサート解説

© 2017 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー