コンサート

コンサート解説

2013年11月7日から25日にかけて、サー・サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルは、アジア・ツアーを行いました。11月8日に台北の国家音楽庁で行われた、ブルックナーの交響曲第7番とブーレーズの《ノタシオン》のプログラムによる公演が、デジタル・コンサートホールのアーカイブに加わりました。

ベルリン・フィルが初めて台湾を訪れたのは2005年11月のことでした。国立中正文化中心前の広場で行われたパブリックビューイングには数万人もが訪れ、ラトルとベルリン・フィルのメンバーがポップスター並みの熱狂で迎えられたのが記憶に新しいところ。この2公演は台湾の4都市6カ所のパブリックビューイングで中継され、大きな話題を集めました。直後の日本ツアーと同プログラムの公演をどうぞお楽しみください。

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー