レイト・ナイト第3回:バーバラ・ハニガン、《ファサード》を歌う

2015年6月12日
レイト・ナイト・コンサート

ベルリン・フィル団員
サー・サイモン・ラトル

バーバラ・ハニガン

  • クルト・ヴァイル
    〈ユーカリ〉、〈あなたを愛していない〉、〈星のなかで失われ〉 (14分)

  • ウィリアム・ウォルトン
    朗唱と6つの楽器のための《ファサード》 (47分)

  • 無料映像

    バーバラ・ハニガン、ヴァイルとウォルトンを語る (12分)

2014/15年シーズン第3回のレイト・ナイトでは、サー・サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルのメンバーにより、ウィリアム・ウォルトンの《ファサード》が演奏されています。イーディス・シットウェルの詩に基づくこの作品は、猥雑、洗練、反体制的、さらにストラヴィンスキー風、ヴァイル風など、さまざまな音楽的要素が盛り込まれた異色作です。1923年の初演では大成功を収め、文字通りウォルトンの出世作となりました。

独唱を務めるのはカナダ人ソプラノのバーバラ・ハニガン。2012年12月のレイト・ナイトで、ハニガンがラトルの指揮で《ファサード》からの抜粋を歌い、コメディアンとしての才能や超絶技巧のみならず、指揮者としての才能まで披露したのは記憶に新しいところ。今回も、指揮者としてラトル顔負けの活躍を見せています。 

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する