2014年1月11日
Late Night at the Philharmonie

ベルリン・フィル団員
サー・サイモン・ラトル

ローラ・エイキン, ソレーヌ・ケーマレック

  • モーリス・ラヴェル
    《マダガスカル先住民の歌》 (15分)

    ローラ・エイキンソプラノ

  • アンリ・デュティユー
    チェロ・ソロのための《ザッハーの名による3つの詩節》 (12分)

    ソレーヌ・ケーマレックチェロ

  • モーリス・ドラージュ
    ソプラノと楽器アンサンブルのための《4つのインドの詩》 (12分)

  • ジャック・イベール
    ディヴェルティメント (20分)

第2回レイト・ナイトでは、サー・サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルのメンバーが「フランスのエスプリ」をテーマにお届けします。ラヴェルの《マダガスカル先住民の歌》は、1925年から26年にかけてエヴァリスト・パルニーの詩に曲付けしたもので、ラヴェルは作品について「この歌は劇的で、実のところ官能的な新しい要素を導入していると思う。一種の四重奏を形作っており、声がその中心的な楽器となっている。何よりも重要なのは簡素なことである」と書き記しています。続くデュティユーのチェロ・ソロのための《ザッハーの名による3つの詩節》は、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチの主導によりスイスの指揮者パウル・ザッハーの70歳の誕生日に合わせて書かれた作品。SACHERの6つの頭文字に因んだeS, A, C, H, E, Re (=D)の音が、各詩節をつなぐ役割を果たしています。このほか、ラヴェルの弟子だったモーリス・ドラージュが1912年インドへの旅行中に作曲した《4つのインドの詩》、軽妙な味わいを持つイベールのディヴェルティメントと、才気に富んだプログラムをお楽しみください。 

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する