ラトルのベートーヴェン・ツィクルス第4弾

ベートーヴェンの交響曲第4番は、《英雄》と《運命》の「タイトル付きの作品」に挟まれているせいか、人気の点ではそれらに及ばないところがあります。しかし、その明徴な作風と気品は、同時期のピアノ協奏曲第4番にも通じると言えるでしょう。一方、交響曲第7番は、日本ではメディアに登場したこともあって、今や知名度を極めています。その華やかでエネルギッシュな盛り上がりは、ベルリン・フィルの力強い響きによりさらに輝きを増していると言えるでしょう。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

サー・サイモン・ラトル

コンサート解説

© 2015 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金 クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー