デジタル・コンサートホールを無料で体験。ラトル指揮のベートーヴェン!

ラトルのベートーヴェン・ツィクルス第4弾

2015年10月15日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル

  • 無料映像

    ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
    交響曲第4番変ロ長調 (00:37:03)

  • 無料映像

    ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
    交響曲第7番イ長調 (00:46:26)

デジタル・コンサートホールを無料で体験しませんか。サー・サイモン・ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」の全曲がご覧いただけます。

デジタル・コンサートホールでは、年間40回以上のライブ中継に加え、数百のアーカイブ映像がご覧いただけます。チケットないし定期視聴契約をお求めになると、全ての映像が無制限に視聴可能です。ベルリン・フィルの華麗な響き、世界的指揮者・ソリストの演奏を存分にお楽しみください。

チケット購入
アーカイブ映像
ライブ中継

ベートーヴェンは交響曲第3番《英雄》を完成させる前の1804年、すでに交響曲第5番の作曲に着手します。そして第5番が1808年春に完成する前、彼はもう一つ別の交響曲の作曲を開始したのでした。それが今回演奏される交響曲第4番です。ローベルト・シューマンは、この古典的なプロポーションの際立つ作品を「2人の北欧神話の巨人(第3番と第5番を指す)の間にはさまれたギリシアの乙女」と例え、またエクトル・ベルリオーズは1844年に「スコアの全体的な性格は生き生きとしていて、きびきびとして陽気で、この上ない優しさを持っている」と讃えました。

交響曲第5番と第6番の完成から4年後、ベートーヴェンは第7番を書き始め、それは1813年12月8日の傷病兵のための慈善演奏会で《ウェリントンの勝利》と共に初演されました。当時の聴衆は2作品をまとめて「戦いと勝利」の作品と理解したようです。翌1814年2月までに第7番は2回再演され、その度に聴衆は第2楽章のアンコールを求めたのでした。実際、勝利の高揚感に満ちた第1楽章と、聴き手を恍惚とさせるほどのリズム感に支配されたフィナーレを持つ第7交響曲が、瞬く間にベートーヴェンの人気作となったのは当然のことでした。初演当時、『ライプツィヒ一般音楽新聞』は「第7」を「ベートーヴェンの全交響曲の中でもっともメロディアスで喜びに溢れ、かつわかりやすい作品」と評しました。サー・サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルのベートーヴェン・ツィクルスの第4夜では、当時の聴衆が味わったであろう興奮を現代に伝えています。

Beethoven

 

On CD & Blu-ray: Simon Rattle conducts Beethoven’s Symphonies
Order now

映像を観る