2014年8月30日
2014/15年シーズン開幕コンサート

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル

  • セルゲイ・ラフマニノフ
    交響的舞曲 (38分)

  • イゴール・ストラヴィンスキー
    《火の鳥》 (58分)

  • 無料映像

    2014/15シーズン開幕のご挨拶 (8分)

「ロマン派最後の作曲家」とクラシック音楽の革命児。2012年11月、サー・サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルが、ラフマニノフの合唱交響曲《鐘》とストラヴィンスキーの《春の祭典》を取り上げたコンサートは、大きな評判を呼びました。この2人のロシア人作曲家の生涯は、非常に対照的です。1917年、ラフマニノフはロシアの10月革命の前にアメリカに亡命し、そこでピアノのヴィルトゥオーゾとして第2のキャリアを歩み始めます。生涯の最後になって、彼はこう告白しました。「全世界は私に対して開かれていた。だが、祖国のロシアだけは、扉を閉ざしていた」と。

ラフマニノフより9歳若いストラヴィンスキーは、26歳だった1909年、ロシア・バレエ団より依頼を受け、グリーグやショパンのピアノ作品のオーケストレーションを任されます。その1年後、バレエ音楽《火の鳥》がパリのオペラ座で初演され、大成功を収めたのでした。彼はホームシックとは無縁の、コスモポリタンとしての道を歩んだと言えるでしょう。2014/15年シーズンのオープニングに、サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルは、再びこの2人の作曲家に焦点を当てました。ラフマニノフの最後の作品となった交響的舞曲と、オーケストラの色彩を極めたストラヴィンスキーの《火の鳥》をお楽しみください。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する