8月24日まで限定 「12ヵ月チケット10%早割」

2016年6月4日
Late Night at the Philharmonie

ベルリン・フィル団員
サー・サイモン・ラトル

マテ・スーチュ, ホセ・ミケル・ラモン, フローリアン・ホフマン, シルヴィア・シュヴァルツ

  • クロード・ドビュッシー
    フルート、ヴィオラとハープのためのソナタ (20分)

  • ベッツィ・ジョラス
    ヴィオラ・ソロのための第6エピソード (11分)

    マテ・スーチュヴィオラ

  • ベッツィ・ジョラス
    ヴィオラとピアノのための《Ruht wohl》 (7分)

    マテ・スーチュヴィオラ), サー・サイモン・ラトルピアノ

  • マヌエル・デ・ファリャ
    《ペドロ親方の人形芝居》 (31分)

    ホセ・ミケル・ラモン, フローリアン・ホフマン, シルヴィア・シュヴァルツソプラノ/Trujamán

ラトルの「実験小屋」、レイトナイト・コンサートの第3回です。ファリャの芸風が開花したのは、1907年にフランスに移住し、パリのコスモポリタン的な都市の気風に触れてからと言われていますが、故郷スペインの音楽は彼にとって重要な創作の原泉であり続けました。1923年にパリで初演された《ペドロ親方の人形芝居》は、セルバンテスの《ドン・キホーテ》から着想を得た小オペラで、主人公の騎士は風車ではなく、人形劇場の人形に戦いを挑みます。この愛らしい作品が、サー・サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルのメンバー、及び3人のソリストによって上演されます。

このほか、ファリャが影響を受けたドビュッシーの「フルート、ヴィオラとハープのためのソナタ」、さらに、フランス人作曲家ベッツィ・ジョラスのヴィオラとピアノのための作品集が取り上げられます。こちらではベルリン・フィルの第1ソロ・ヴィオラ奏者、マテ・スーチュのソロをお楽しみください。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する