2016年1月16日
Late Night at the Philharmonie

シャルーン・アンサンブル
マティアス・ピンチャー

クラウディア・バラインスキー

  • フリードリヒ・チェルハ
    アンサンブルのための断片的小品《夢》 (16分)

  • ジェルジ・クルターク
    ソプラノと室内アンサンブルのための《亡きR・V・トュローソヴァのメッセージ》 (34分)

    クラウディア・バラインスキー

  • ジェルジ・リゲティ
    13人の器楽奏者のための室内協奏曲 (20分)

第1回レイト・ナイトは、今年90歳を迎える作曲家ジェルジュ・クルタークに捧げられました。1926年ルーマニアにハンガリー系ユダヤ人の家族のもとに生まれたクルタークは、若き頃バルトークから大きな影響を受けました。パリ留学時代は、ミヨー、メシアンのもとに学び、さらにはシュトックハウゼンやブーレーズの音楽からも啓発を受けます。中でも決定的だったのは芸術心理学者のマリアンヌ・シュタインとの出会いで、クルタークはそこで独自の作曲スタイルを見出したのでした。1993年から94年まで、クルタークはベルリン・フィルのコンポーザー・イン・レジデンスを務めています。

1981年に初演されたソプラノと室内アンサンブルのための《亡きR・V・トュローソヴァのメッセージ》は、愛の苦悩を強い感情表現で描いた作品で、クルタークの名を一躍世界的に有名にしました。今日クルタークはリゲティと並んで、ハンガリーの代表的な現代作曲家として知られていますが、この2人はリゲティの死まで友情関係で結ばれていました。それゆえに、今回マティアス・ピンチャー指揮のシャルーン・アンサンブルによってリゲティの13人の器楽奏者のための室内協奏曲も演奏されています。さらに、オーストリアの作曲家フリードリヒ・チェルハの新作《夢》が初演されたのも注目に値するでしょう。レイト・ナイトならではの知的発見に満ちたプログラムをお楽しみください。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する