コンサート

コンサート解説

ヘルベルト・ブロムシュテットとアンドラーシュ・シフはどちらもベルリン・フィルと長い関係を持つアーティストですが、このオーケストラで両者が共演するのは今回が初めてとなります。シフは知的で思慮に溢れたピアニストとして、現在欧州で極めて高く評価されており、これまでベルリン・フィル主催のリサイタルではベートーヴェンやバッハのツィクルスで聴衆を魅了してきました。その彼が弾くバルトークのピアノ協奏曲第3番は、ニューヨークに亡命後、白血病に侵された作曲家晩年の作品です。旋律性と滋味に溢れ、ほとんど宗教的な透明さを感じさせます。

ブロムシュテットはこれまでベルリン・フィルへの客演でベートーヴェンやブルックナーの卓越した解釈を披露してきましたが、ブラームスを共演するのは初となります。ブラームスは約15年かけて作曲したこの交響曲第1番により、ベートーヴェンの後継者としての名声を確立させます。彼は曲の形式とオーケストラの編成に関してはウィーン古典派のスタンダードを継承し、英雄的で堂々たる音楽を作り上げましたが、同時にこの作品において独自の作曲スタイルを見出したのでした。それは主題と動機の原素材を発展・変奏させる特徴的な手法です。89歳にしていまだ生気溢れる音楽を披露するブロムシュテットの指揮により、ブラームスの「第1」のダイナミックな側面が明らかになっています。

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー