8月24日まで限定 「12ヵ月チケット10%早割」

エトヴェシュがB・A・ツィンマーマンの若い詩人へのレクイエムを指揮

2009年4月25日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ペーテル・エトヴェシュ

  • ヨハン・セバスティアン・バッハ
    2つのコラール前奏曲 (8分)

  • リヒャルト・ワーグナー
    ジークフリート牧歌 (20分)

  • ベルント・アロイス・ツィンマーマン
    若い詩人へのレクイエム (69分)

    カロリーネ・シュタインソプラノ), クラウディオ・オテッリバリトン), ミヒャエル・ロートショップ語り), トーマス・ヴィットマン語り), ベルリン放送合唱団, ジェイムズ・ウッド合唱指揮), 中部ドイツ放送合唱団, ハワード・アーマン合唱指揮), フィリップ・アーマン合唱指揮), ツェルソ・アントゥネスライブ・エレクトロニクス), ジョアン・ラファエルライブ・エレクトロニクス

  • 無料映像

    ペーテル・エトヴェシュ、B・A・ツィンマーマンの若い詩人へのレクイエムについて語る (12分)

B・A・ツィンマーマンの若い詩人へのレクイエムは、2人の語り、ソリスト、合唱、オーケストラ、さらにライブ・エレクトロニクスを含む特異な作品です。この曲が扱う20世紀の50年間は、1970年に自死を遂げたツィンマーマンの人生とも重なります。指揮を取るペーテル・エトヴェシュ自身、かつてツィンマーマンの生徒でした。このほか、ワーグナーのジークフリート牧歌、バッハの2つのコラール前奏曲を取り上げています。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する