年末年始キャンペーン!
特典2枚組DVD「ラトル指揮マーラー交響曲集」付き12ヵ月チケット/19,500円
注文はこちらから

巨匠ハイティンクのベートーヴェンとワーグナー、ソリストは藤村実穂子!

2012年10月6日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ベルナルド・ハイティンク

藤村実穂子

  • リヒャルト・ワーグナー
    《ジークフリート牧歌》(13楽器による版) (21分)

  • リヒャルト・ワーグナー
    ヴェーゼンドンク歌曲集(フェリックス・モットルとリヒャルト・ワーグナーのオーケストレーションによる) (26分)

    藤村実穂子メゾソプラノ

  • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
    交響曲第3番変ホ長調《英雄》 (59分)

  • 無料映像

    インタビュー:ベルナルド・ハイティンク(聞き手:マシュー・ハンター) (14分)

ベルリン・フィルと長年に渡る共演歴を持つベルナルド・ハイティンク指揮の演奏会です。プログラムのメインを飾るのは、ベートーヴェンの交響曲第3番。1804年、元々ナポレオンを讃えるために書かれた作品ですが、ナポレオンの皇帝即位の知らせにベートーヴェンが激怒し、スコアの表紙を破いてしまったというエピソードはよく知られています。

第4楽章の主題は、1801年に作曲したバレエ音楽《プロメテウスの創造物》から取られていますが、それは偶然ではありません。啓蒙主義の時代、人間に光をもたらしたとされる古代の女神プロメテウスは象徴的な意味を持っていました。かのゲーテはナポレオンの死後、こう語っています。「ベートーヴェンが(英雄交響曲で)人々にもたらしたのはやはり光。つまり、道徳的な啓蒙なのだ」

コンサートの前半には、ワーグナーが自身の極めてプライベートな環境から作曲した2作品が演奏されます。1870年、コジマ・ワーグナーの33歳の誕生日のために書かれた《ジークフリート牧歌》。そして、1857年、ワーグナーが恋人マティルデ・ヴェーゼンドンクの詩に曲付けし、当時作曲中だった《トリスタンとイゾルデ》と《ニーベルングの指輪》の影響のもとにあるヴェーゼンドンク歌曲集です。ソリストを務めるのは藤村実穂子。ワーグナー歌手としてもすでに確固たる地位を築く藤村ですが、この時がベルリン・フィルへのデビューとなりました。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する