ホリガーがシューマンとB・A・ツィンマーマンを指揮

ハインツ・ホリガーは卓越したオーボエ奏者、作曲家としてだけでなく、指揮者としても注目すべきキャリアを築いてきました。2009年の客演では、ローベルト・シューマンとB・A・ツィンマーマンという2人の作曲家を並べる刺激的なプログラムを披露しました。メインはシューマンの交響曲第1番《春》、シューマンの幻想曲とツィンマーマンのヴァイオリン協奏曲をトーマス・ツェートマイヤーが弾いています。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ハインツ・ホリガー

トーマス・ツェートマイヤー

© 2009 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー