2009年3月1日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ハインツ・ホリガー

トーマス・ツェートマイヤー

  • ベルント・アロイス・ツィンマーマン
    《アラゴーナ》 (34分)

  • ベルント・アロイス・ツィンマーマン
    ヴァイオリン協奏曲 (22分)

    トーマス・ツェートマイヤーヴァイオリン

  • ローベルト・シューマン
    ヴァイオリンと管弦楽のための幻想曲 (18分)

    トーマス・ツェートマイヤーヴァイオリン

  • ローベルト・シューマン
    交響曲第1番変ロ長調《春》 (34分)

  • 無料映像

    ハインツ・ホリガー(聞き手:ゲッツ・トイチュ) (18分)

ハインツ・ホリガーは卓越したオーボエ奏者、作曲家としてだけでなく、指揮者としても注目すべきキャリアを築いてきました。2009年の客演では、ローベルト・シューマンとB・A・ツィンマーマンという2人の作曲家を並べる刺激的なプログラムを披露しました。メインはシューマンの交響曲第1番《春》、シューマンの幻想曲とツィンマーマンのヴァイオリン協奏曲をトーマス・ツェートマイヤーが弾いています。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する