第3回「レイト・ナイト」は、ハースによる24の楽器のための《イン・ヴェイン》

2013年1月18日
Late Night at the Philharmonie

ベルリン・フィル・オーケストラ・アカデミー団員
サー・サイモン・ラトル

  • ゲオルク・フリードリヒ・ハース
    24の楽器のための《イン・ヴェイン》 (64分)

  • 無料映像

    インタビュー/サー・サイモン・ラトル(聞き手:ゲオルク・フリードリヒ・ハース) (13分)

第2回の「レイトナイト」では、ゲオルク・フリードリヒ・ハースによる24の楽器のための《イン・ヴェイン》が取り上げられました。ハースは、1953年オーストリアのグラーツに生まれた現代作曲家。イワン・ヴィシネグラツキーやアロイス・ハーバらの影響を受け、微分音を使った作曲技法で知られています。2000年に作曲された《イン・ヴェイン》(無駄に)は、冒頭平均律で始まるものの、いつの間にか微分音に覆われてゆき、平均律の調律システムの均等な半音階とは反対の世界が現れ、聴き手を幻惑に導きます。その透視画法のような音楽は、階段の上部と下部がつながっている、マウリッツ・エッシャーの有名なリトグラフを思い起こさせるかもしれません。サー・サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィル・オーケストラ・アカデミーによる演奏で、この刺激的な音楽作品をお楽しみください。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する