メータがブルックナーの交響曲第8番を指揮

ズービン・メータ指揮による日本ツアー直前に行われた2回目の演奏会では、ブルックナーの交響曲第8番が取り上げられました。かねてからメータが得意とするレパートリーであり、中でも第3楽章のアダージョは、「もっとも偉大なロマン派音楽の一つ。チェロとヴィオラが奏でる第2主題の美しさは比類がない」と讃えています。日本ツアー前では最後となるコンサートをお聴きください。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ズービン・メータ

© 2019 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー