デジタル・コンサートホールがファンの皆様のために無料開放!
フィルハーモニーは閉鎖されました。しかしベルリン・フィルは演奏し続けます! 無料クーポンコード BERLINPHIL をご利用ください。デジタル・コンサートホールのすべてのコンテンツが、ご自由にご覧いただけます!
無料クーポンを使用する

1999年5月1日
ヨーロッパ・コンサート1999(クラクフ)

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ベルナルド・ハイティンク

  • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
    《踊れ、喜べ、幸いなる魂よ》 (14分)

    クリスティーネ・シェーファー

  • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
    ミサ曲ハ短調より〈聖霊によりて〉 (9分)

    クリスティーネ・シェーファーソプラノ

  • フレデリック・ショパン
    ピアノ協奏曲第2番へ短調 (34分)

    エマニュエル・アックスピアノ

  • ローベルト・シューマン
    交響曲第1番変ロ長調 (36分)

1999年のヨーロッパ・コンサートは、ポーランド第2の都市クラクフから。ベルナルド・ ハイティンク指揮により、モーツァルト、ショパン、シューマンの作品が演奏されています。ソリストのひとりは、当時国際的デビューを果たしたばかりのクリスティーネ・シェーファー。可憐な美貌と清楚な美声で、《エクスルターテ・ユビラーテ》を清冽に歌っています。一方、ショパンの没後150周年を記念して ピアノ協奏曲第2番を弾くのは、エマニュエル・アックス。ロマンティックな情緒に溢れた音色に魅了されます。

EuroArtsRecorded at St Mary’s Basilica, Krakow
© 1999 EuroArts Music International

映像を観る