ヴァルトビューネ・コンサート2021にグルービンガーとマーシャルが登場

2021年6月26日
ヴァルトビューネ・コンサート

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ウェイン・マーシャル

ザ・パーカッシヴ・プラネット・アンサンブル

  • レナード・バーンスタイン
    《オン・ザ・タウン》より3つのダンス・エピソード (11分)

  • ジョン・ウィリアムズ
    《ジョン・ウィリアムズ:スペシャル・エディション》(マルティン・グルービンガーの編曲版) (34分)

    マルティン・グルービンガーパーカッション), ザ・パーカッシヴ・プラネット・アンサンブル

  • ジョージ・ガーシュウィン
    《ラプソディ・イン・ブルー》(ファーディ・グローフェの編曲版) (22分)

    ウェイン・マーシャルピアノ

  • レナード・バーンスタイン
    交響組曲《波止場》 (20分)

  • レナード・バーンスタイン
    《キャンディード》序曲 (5分)

  • パウル・リンケ
    《ベルリンの風》 (4分)

【この演奏会は、契約の都合により日本国内ではご視聴いただけません】2020/21年シーズン最後のヴァルトビューネ・コンサートに登場するのは、マルチパーカッション奏者のマルティン・グルービンガー。ジョン・ウィリアムズによる映画音楽を使用した「スペシャル・エディション」を披露します。また、ウェイン・マーシャルが指揮者としてベルリン・フィルにデビューし、バーンスタインの作品を指揮するほか、ガーシュウィンの《ラプソディー・イン・ブルー》では彼のピアノ・ソロもお聴きいただけます。

EuroArts

© 2021 EuroArts Music International

映像を観る

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

首席指揮者キリル・ペトレンコのプレイリストを公開中!ベートーヴェン「交響曲第9番」、チャイコフスキー《悲愴》等の全曲が無料でご覧いただけます。

無料で視聴する