ペトレンコがチャイコフスキーとラフマニノフを指揮

ラフマニノフの交響曲第2番は、この作曲家ならではの哀愁に富んだ旋律に満ちています。現在ではロシア音楽の中でも屈指の人気作品の一つであり、キリル・ペトレンコにとっても、この交響曲は特別な意味を持っています。2006年のベルリン・フィルとのデビューにラフマニノフ「第2」を選んだペトレンコが、その15年後に同楽団の首席指揮者として再びこの作品を指揮しました。冒頭に演奏されたのは、チャイコフスキーの幻想序曲《ロメオとジュリエット》です。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

キリル・ペトレンコ

© 2021 EuroArts Music International, SWR / Arte

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー