ギルバートとベルがバーバーのヴァイオリン協奏曲で共演

Alan Gilbert presents three 20th-century works that confront the music of the past. Boris Blacher takes one of the most famous themes from the violin literature as the point of departure for his jazzy Paganini Variations. Samuel Barber revitalizes the late Romantic violin concerto with distinctive colours, heard here with Joshua Bell. Henri Dutilleux’s Second Symphony completes the programme: a Baroque concerto grosso in the guise of Modernism.

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

アラン・ギルバート

ヨシュア・ベル

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー