ギルバートとベルがバーバーのヴァイオリン協奏曲で共演

アラン・ギルバートが、20世紀において過去の音楽を探求した3つの作品を紹介します。ボリス・ブラッハーは、ヴァイオリン作品でもっとも有名な主題を出発点とし、ジャズ風のパガニーニ変奏曲を作曲しました。一方、バーバーは、後期ロマン派のヴァイオリン協奏曲を独自の色彩で蘇らせており、本公演ではジョシュア・ベルが独奏を務めます。そして、デュティユーの交響曲第2番は、現代的な音の衣をまとったバロック風の合奏協奏曲となっています。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

アラン・ギルバート

ヨシュア・ベル

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー