インタビュー
2013年5月10日

ヤープ・ファン・ズヴェーデン(聞き手:クリストフ・シュトロイリ) (19分)

当演奏会の指揮に予定されていたマリス・ヤンソンスが医薬処方の切り換えと検査のためキャンセルすることになり、代わってオランダの指揮者ヤープ・ファン・ズヴェーデンが登場し、ベルリン・フィルにデビューを飾りました。プログラムは、前半がバルトーク「管弦楽のための協奏曲」に変更、後半はブラームスの交響曲第1番です。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルの第2ヴァイオリン奏者、クリストフ・シュトロイリです。

コンサート