ハーディングがR・シュトラウス《ツァラトゥストラはこう語った》を指揮

ダニエル・ハーディング指揮によるこのコンサートは、光と自然をテーマにしています。R・シュトラウスの交響詩《ツァラトゥストラはこう語った》は、音楽史上もっとも有名な「日の出」で幕を開けます。韓国の作曲家ウンスク・チンは、虹色に輝く《ロカナ》で光線の反応を音楽で表現しました。ヴォーン・ウィリアムズの歌曲集《ウェンロック・エッジで》(独唱:アンドリュー・ステイプルズ)では、「ハーディングを指揮に迎えたベルリン・フィルは、魅力的な感性でもって筆舌に尽くしがたい繊細な音色でそれに応えた」(「ベルリナー・ツァイトゥング」紙)。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ダニエル・ハーディング

アンドリュー・ステイプルズ

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー