コンサート

コンサート解説

1999年のヴァルトビューネ・コンサートでは、ジェイムズ・レヴァインがワーグナーとR・シュトラウスの作品を指揮しました。当時レヴァインは、メットの音楽監督として活躍。またバイロイト音楽祭で長年指揮し、ワーグナー指揮者としても高い評価を得ていました。ここでは、《ローエングリン》、《トリスタンとイゾルデ》、《マイスタージンガー》などの抜粋、またR・シュトラウスのオーケストラ歌曲や《ドン・ファン》、《ティル・オイレンシュピーゲルの陽気ないたずら》、《ばらの騎士》のワルツ等を演奏しています。テノール・ソロは、当時全盛期にあったカナダのベン・ヘップナーが務めています。

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー