1994年のヴァルトビューネ・コンサートはヤンソンス指揮

1994年のヴァルトビューネ・コンサートは、マリス・ヤンソンスが指揮台に立ちました。「ナイト・オブ・ダンス・アンド・ラプソディー」と題して、舞曲や狂詩曲のナンバーが多く取り上げられています。スッペの《軽騎兵》序曲やヨハン・シュトラウスのワルツなど、まさにピクニックコンサートにふさわしい、くつろいだ内容ですが、20世紀初頭まで中欧で一大勢力を誇ったハプスブルク帝国にまつわる音楽ポートレートにもなっています。シューベルト/リスト編による《さすらい人幻想曲》のソロは、ミハイル・ルディが担当しました。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

マリス・ヤンソンス

ミハイル・ルディ

コンサート解説

© 1994 VIDEAL / brilliant media, SFB

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー