コンサート

コンサート解説

2010/11年シーズンのサー・サイモン・ラトルとベルリン・フィルのマーラー・ツィクルスも第3回目を迎え、ここでは交響曲第3番が取り上げられました。このコンビが同曲を演奏するのは、今回が初めて。ソリストには、日本でも人気の高いナタリー・シュトゥッツマンが登場します。

交響曲第3番は、マーラーの作品のなかでも最長に属する作品で、第1楽章だけでもベートーヴェンの《運命》を上回る長さを誇っています。ポピュラリティの面では、必ずしも頻繫に演奏される曲ではありませんが、感動的なフィナーレをはじめとして、多彩で複合的な内容を持った大作と言えます。ベルリン・フィルは、実際の初演の5年前に当たる1896年に、アルトゥール・ニキシュの指揮で第2楽章を試演しています。その意味でも、ゆかりの深い作品です。

プログラムの前半には、マーラーが若い頃にウィーンで活躍していたふたりの作曲家、ブラームスとヴォルフが演奏されます。ブラームスは伝統主義、ヴォルフはワグネリアンと対立する陣営でしたが、マーラーはその両方に関心を寄せていたと言われます。その意味でこのコンサートは、両者を結びつけるものとなるでしょう。

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー