年末年始キャンペーン:2枚組特典DVD付き12ヶ月チケット
ご購入者に次期首席指揮者キリル・ペトレンコの非売品DVDをもれなくプレゼント!
注文はこちらから

V・ペトレンコとM・バレンボイムがベルリン・フィル・デビュー

2018年2月17日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ヴァシリー・ペトレンコ

ミヒャエル・バレンボイム

  • フランツ・シューベルト
    《ロザムンデ》序曲 (11分)

  • アルノルト・シェーンベルク
    ヴァイオリン協奏曲 (47分)

    ミヒャエル・バレンボイムヴァイオリン

  • モーリス・ラヴェル
    《ラ・ヴァルス》 (14分)

  • モーリス・ラヴェル
    《ダフニスとクロエ》第2組曲 (20分)

  • 無料映像

    ヴァシリー・ペトレンコ(聞き手:フィリップ・ボーネン) (17分)

当演奏会は、本来ズービン・メータの指揮で予定されていましたが、健康上の理由によりキャンセルとなりました。代役として、ヴァシリー・ペトレンコが、ベルリン・フィル・デビューを飾りました。プログラムは、メータで予定されていたものが踏襲されます。V・ペトレンコは、ロイヤル・リバプール・フィルの首席指揮者として活躍し、近年ショスタコーヴィチの録音で評価を獲得しています。

1940年にシェーンベルクのヴァイオリン協奏曲が初演された後、ある批評家は「鶏舎で餌を与えている時のような音楽だ」と酷評しました。十二音技法によって書かれたこの作品に拒絶反応を示したのは、聴衆やプレスのみならず、当初この曲を初演すると見られていたヤッシャ・ハイフェッツもそうでした。彼がなぜシェーンベルクに断りの返事をしたのかは明らかになっていませんが(実際に初演のソロを務めたのはルイス・クラスナー)、この作品があらゆる古今のヴァイオリン協奏曲の中でもっとも難易度の高い1曲であることは確かでしょう。今回のソリストであるミヒャエル・バレンボイムは、「早い2倍音、3倍音のフラジオレットを始めとするこの曲の演奏技術の多くは大変前衛的です。しかし、その音楽は極めて表情豊かでエモーショナル。十二音技法の厳格さのみに惑わされるべきではありません」と語ります。父親のダニエル・バレンボイムが設立したウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団でコンサートマスターを務める彼にとっても、今回がベルリン・フィルへのデビューとなりました。

このほか、シューベルトの《ロザムンデ》序曲、ラヴェルの《ラ・ヴァルス》と《ダフニスとクロエ》第2組曲という、オーケストラの多彩な響きをたっぷり味わえるプログラムをお楽しみください。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する