コンサート

コンサート解説

ヴァイオリニストのイザベル・ファウストは、これまでベルリン・フィルとベートーヴェン、シューマン、ベルクという古典派からロマン派、近代に至るまでの協奏曲を共演し、成功を収めてきました。その彼女が、ペーター・エトヴェシュ作の同時代作品に挑みました。今回がドイツ初演となったヴァイオリン協奏曲第3番《アルハンブラ》は、スペイン・グラナダにある有名な城塞を音楽的なモチーフに取った作品です。この風通しのいい地中海世界に、1920年代のニューヨークの喧騒を描いたヴァレーズ《アメリカ》と、弦楽合奏のためのクセナキス《シャール》が対置されます。「ほとんど静寂に近い弱音からフィナーレにおけるフォルティッシモの音の花火まで、ベルリン・フィルが規律と情熱をもって音楽を展開する様は圧巻だった」(『デア・ターゲスシュピーゲル』紙)。エトヴェシュ指揮による、野心とコントラストに富んだプログラムをお聴きください。

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー