ロトとファウストがバルトークのヴァイオリン協奏曲で共演

Claude Debussy and Paul Dukas admired Richard Wagner’s music in their youth, resulting in a blend of French flavour and Wagnerian echoes in their early works. François-­Xavier Roth demonstrates that with Debussy’s mystical cantata La Damoiselle élue and Dukas’s overture Polyeucte. We also hear Dukas’s most popular symphonic poem, The Sorcerer’s Apprentice. Soloist for the concert is Isabelle Faust, who performs Béla Bartók’s Violin Concerto No. 2.

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

フランソワ=グザヴィエ・ロト

イザベル・ファウスト

ジュリー・フックス

アデル・シャルヴェ

ベルリン放送合唱団女声

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー