ロトとファウストがバルトークのヴァイオリン協奏曲で共演

ドビュッシーとデュカスはどちらも若い頃にワーグナーの音楽に憧れていたからか、彼らの初期の作品にはフランスの香りとワーグナーを思わせる響きが融合しています。指揮を務めるフランソワ=グザヴィエ・ロトは、こうした特徴をドビュッシーの神秘的なカンタータ《選ばれし乙女》とデュカスの序曲《ポリュークト》で描き出します。また、デュカスの最も人気のある交響詩《魔法使いの弟子》も演奏されます。バルトークのヴァイオリン協奏曲第2番では、イザベル・ファウストが独奏を務めます。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

フランソワ=グザヴィエ・ロト

イザベル・ファウスト

ジュリー・フックス

アデル・シャルヴェ

ベルリン放送合唱団女声

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー