コンサート

コンサート解説

新首席指揮者のキリル・ペトレンコとベルリン・フィルの長年の「フレンド」であるバレンボイムによる注目すべき共演が実現しました。演目はベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番です。後半に演奏されたチェコの作曲家、ヨーゼフ・スークの交響曲第2番《アスラエル》は、ペトレンコがかねてから強い思い入れを持つ作品として知られます。アスラエルとは死を司る天使の名で、スークが経験した身近な人の死が作品に色濃く反映され ています。「ペトレンコはオーケストラに厳格なまでの正確さと柔軟性を求めたが、それゆえにこの音楽への彼の内なる経験がはっきりと感じられた」(『ジュートドイチェ・ツァイトゥング』紙)。

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー