ベルリン・フィル金管楽器奏者と打楽器奏者との音楽の旅

金管楽器と打楽器というユニークな組み合わせで、ベルリン・フィルのメンバーが、アメリカとロシア、さらにアジアの音楽の旅へと誘います。コープランドの《市民のためのファンファーレ》とジョーン・タワーズの《非凡な女のためのファンファーレ》が続けて演奏され、また周文中の《ビクシュニーの独白》での中国の尼僧の瞑想が、ムソルグスキーの《展覧会の絵》と並置されます。さらにエマニュエル・パユをソリストに迎えて、ジョリヴェ「フルートと打楽器のための協奏的組曲」が上演されました。

ベルリン・フィルの金管楽器奏者と打楽器奏者たち

トーマス・グッグアイス

エマニュエル・パユ

© 2020 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー