ヤルヴィとパユがトゥールの新作フルート協奏曲で共演

ヤルヴィとパユがトゥールの新作フルート協奏曲で共演

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
パーヴォ・ヤルヴィ

エマニュエル・パユ

  • ジャン・シベリウス
    交響曲第7番ハ長調

  • エリッキ=スヴェン・トゥール
    フルート協奏曲(財団法人ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、チューリッヒ・トーンハレ共同委嘱作品・初演)

    エマニュエル・パユ(フルート)

  • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
    交響曲第8番ヘ長調

パーヴォ・ヤルヴィ指揮の公演では、ベートーヴェンの交響曲第8番とシベリウスの交響曲第7番が取り上げられます。さらにエリッキ=スヴェン・トゥールのフルート協奏曲が、エマニュエル・パユの独奏により世界初演されます。エストニア出身で元ロックミュージシャンであるトゥールの音楽は、雰囲気豊かで、エネルギーにあふれています。

映像を観る

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

首席指揮者キリル・ペトレンコのプレイリストを公開中!ベートーヴェン「交響曲第9番」、チャイコフスキー《悲愴》等の全曲が無料でご覧いただけます。

無料で視聴する