マケラがチャイコフスキーとショスタコーヴィチを指揮

情熱、先見性、力強さ。フィンランド人指揮者のクラウス・マケラは多くのメディアから称えられ、その若さにもかかわらず、すでに国際的な注目を集める存在です。今回のベルリン・フィル・デビューには、2つの交響曲6番が選ばれました。ショスタコーヴィチによると、彼は「第6」の中で「春、喜び、若さ」といった雰囲気を伝えようと考えていたといいます。一方、チャイコフスキーは《悲愴》で切ない哀愁を表現しています。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

クラウス・マケラ

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー