ドゥダメル指揮によるアメリカ音楽の夕べ

In this programme, Gustavo Dudamel sets out on a musical journey to America that leads from Mexico to Argentina to the US. Gabriela Ortiz’s Téenek – Invenciones de Territorio is a combination of Mexican folklore and avant-garde sounds. Sergio Tiempo appears as soloist in a piano concerto by Alberto Ginastera. In his Second Symphony, Charles Ives created a synthesis of European and US musical traditions.

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

グスターボ・ドゥダメル

セルジオ・ティエンポ

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー