ラインハルト・ゲーベル(聞き手:ライマー・オルロフスキー)

ピリオド奏法の第一人者ラインハルト・ゲーベルがベルリン・フィルにデビューを果たしました。ゲーベルは1973年に古楽器アンサンブル「ムジカ・アンティクヮ・ケルン」を結成し、30年以上に渡って率いてきました。この時のプログラムでは「モーツァルトがどのような音楽から影響を受けて大家へと成長したか」に焦点が当てられ、カンナビヒやクリスティアン・バッハの珍しい作品が演奏されています。フランス・バロックのジャン=フェリ・ルベルの組曲《四大元素》がベルリン・フィルによって演奏されるのも貴重です。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルの第2ヴァイオリン奏者、ライマー・オルロフスキーです。

© 2013 Berlin Phil Media GmbH

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー