ティーレマンとニュールントがR・シュトラウスで共演

クリスティアン・ティーレマンとのこのプログラムは、まさに陶酔の世界と言ってよいでしょう。ワーグナーの《パルジファル》より前奏曲と聖金曜日の音楽、そしてR・シュトラウスの《4つの最後の歌》では、カミッラ・ニュールントが独唱を務めます。プフィッツナーの歌劇《パレストリーナ》より3つの前奏曲は、上演頻度こそ少ないものの、ノスタルジックな回顧と未来志向の着想が混じり合っています。最後に、バッハ「前奏曲とフーガ変ホ長調」をシェーンベルクの管弦楽編曲版でお楽しみください。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

クリスティアン・ティーレマン

カミッラ・ニュールント

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー