ティーレマンがワーグナー、R・シュトラウス、プフィッツナーを指揮

Christian Thielemann’s programme is absolutely intoxicating: the Prelude and Good Friday Spell from Richard Wagner’s Parsifal and Richard Strauss’s Four Last Songs with Camilla Nylund. The orchestral preludes to Hans Pfitzner’s opera Palestrina are performed less often – a combination of nostalgic retrospection and visionary ideas. Arnold Schoenberg’s orchestration of Johann Sebastian Bach’s Prelude and Fugue in E flat major will also be heard.

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

クリスティアン・ティーレマン

カミッラ・ニュールント

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー