コンサート

コンサート解説

2011年のヴァルトビューネ・コンサートでは、リッカルド・シャイーがイタリアにちなんだプログラムを指揮しました。ニーノ・ロータのノスタルジックな音楽は、映画『道』と切っても切り離せないでしょう。ベルリン・フィルが映画音楽を演奏することも、また一興。一方オケの演奏能力は、「イタリアのR・シュトラウス」レスピーギで発揮されています。いずれも夏の夜にふさわしい、開放感がある音楽ですが、ショスタコーヴィチのジャズ組曲第2番も演奏され、異色のタッチを加えています。

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー