ティーレマンがブルックナーの交響曲第8番を指揮

クリスティアン・ティーレマンは、現代におけるブルックナー解釈の第一人者と呼べるでしょう。ここでは交響曲第8番を指揮し、まさに真打ちといえるスケール豊かな名演を繰り広げています。「この交響曲が冷厳と鳴り響いた」とプレスからも賞賛を受けました。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

クリスティアン・ティーレマン

© 2008 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー