コンサート

コンサート解説

2016年のバーデン=バーデン・イースター音楽祭からマンフレート・ホーネックとヨーヨー・マの演奏会が中継されました。チェロの巨匠が弾くのはシューマンのチェロ協奏曲。シューマンは当初、自身唯一のチェロ協奏曲を「オーケストラ伴奏を伴うチェロのためのコンツェルトシュトゥック」と名付けていました。このことからも伺えるように、オーケストラは一歩下がって、ソリストの憧れに満ちた歌をやさしく支えるという趣きの強い作品です。第2楽章の五度のモチーフなど、チェロのモノローグは何度も妻クララとの内面的な対話に発展していきます。特徴的なのはフィナーレへの移行部で、ここでシューマンは最初の2つの楽章の主題を組み合わせて音楽を書いています。ベルリン・フィルとの共演は2013年以来となるヨーヨー・マが奏でる美しい歌をお聴きください。

後半はチャイコフスキーの交響曲第6番《悲愴》。シューマンのチェロ協奏曲は作曲の生前一度も演奏される機会がなかったに対し、チャイコフスキーの《悲愴》は初演のわずか9日後、作曲家が急死するという悲劇に見舞われます。チャイコフスキーはシューマンに対して強い共感の念を抱いていたようで、1870年代に「ローベルト・シューマンの音楽は新しい音楽形式のあらゆる世界をわれわれに開いてくれる」と記しました。2人の作曲家の晩年の作品を対峙させた今回のプログラムで、その親和性をより感じていただけるかもしれません。

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー